海外FXを何故薦めるか

海外FXが国内FXより実はローリスクな訳

海外FXというと、先ず、出金出来るか心配とか

レバレッジが高くて、ハイリスクで怖いなど

海外FXについてご存じない方は皆さんこのような反応だと思います。

しかし、この、海外、ハイレバレッジというだけで、選択肢から除外してしまって、国内FXを選んでいるとしたら

ちょっともったいないと思います。

ではなぜ、海外FXの方が国内Fより実はローリスクと言えるのか?

当記事では、ハイレバレッジについて、計算を交えて、詳しくご説明いたします。

レバレッジとは

レバレッジとは、そもそもの意味はてこの原理のこと

FXにおいては、レバレッジはFX会社毎に決められていて、その値が高いほど、少ない証拠金(必要証拠金※)で、大きな金額の取引ができます。

必要証拠金

必要証拠金」とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託のこと

このレバレッジ国内FX会社では、25倍までと決められていますが

海外FX会社では、500倍から高いところで1,000倍というところもあります。

当記事で紹介しているXMTradingで888倍

GemForexで、1,000倍ですが、計算を簡便化するために

GemForeの1,000倍と国内の25倍で比較してみます。

 

FXでは、インターバンク(銀行間)において10,000通貨単位で取引され

通常は、国内、海外を問わず、FX会社での注文も、インターバンク同様、10,000通貨単位で行われています。

1通貨=1ドルなので、1ドル=100円で日本円に換算すると、1,000,000円単位ということになります。

(最近は、個人投資家向けに、1,000通貨、1通貨といった単位の取引ができる会社もあります。)

 

レバレッジ25倍と1,000倍で比較

必要証拠金の違い

ここでは、10,000通貨取引するにあたって、レバレッジによって必要証拠金がいくら違うか見てみましょう。

10,000通貨取引に必要な証拠金(1ドル=100円と仮定)

レバレッジ25倍の場合】

1000,000円÷2540,000円

レバレッジ1,000倍の場合】

1,000,000円÷1,0001,000円

 

逆に、日本円で40,000円あれば

海外FX会社では、1,000,000円×40(40,000÷1,000)で40,000,000円分の取引が出来てしまいます

少額資金で大きなリターンが狙えるハイレバレッジならではです。

同じ取引をした場合の損失の違い

しかし、逆にそんな取引をして、9割の人が負けるというのに、損失もハイレバレッジと思うと怖くて取引できない。

と思われるかもしれませんが

単純に考えた場合、1,000,000円の取引をして

レバレッジ25倍では、負けると40,000円を失うのに対して

ハイレバレッジ1,000倍では、1,000の損失にしかなりません。

 

とはいっても、実際は、口座にそれぞれ、国内FX口座で40,000円、海外FX口座で1,000円入れれば取引できるかと言えば、出来ません。

というのも、ポジションを持った時点で、スプレッド(取引手数料)が加算されるので、マイナスからのスタートですし

トレンドの読みは間違っていなくても、常に、波を描きながら相場は動いているので

含み損を抱えることを前提に口座残高を考えなくてはいけないからです。

 

そこで、仮に、10万円口座に入金してスタートした場合を例にとって

許容できる含み損の金額を見てみます。

含み損許容額※

口座残高ー必要証拠金×ロスカット率

【レバレッジ25倍の場合】

10,000通貨取引

100,000円-40,000円(100%)=60,000円まで含み損OK

60pips以上逆行すればロスカット

【レバレッジ1,000倍の場合】

10,000通貨取引

100,000円-1,000円(100%)=99,000円まで含み損OK

99pips以上逆行でロスカット

※ロスカット率は100%(証拠金維持率100%)として計算。

※スプレッドは考慮していません。

 

この様に、含み損の許容できる範囲においても、ハイレバレッジはメリットがあるのです。

海外FXは追証なし

 

そして上の例では、仮に、100%で強制ロスカットされれば、そこで資金は0になりますが

ロスカット率は国内でも100%を下回る会社も有、海外では100%未満(20%・30%)が主流のため

仮に強制ロスカットになれば、その時点で必要証拠金以下ということになります。

また、荒れ相場の時は、ロスカットが間に合わないこともあります。

 

となると、思わぬ損失が拡大して、日本のFX会社では、追証として、不足する証拠金分の支払いを求められてしまいます。

しかし、殆どの海外FXでは、追証は発生しないのです!

ということは、どういうことかというと

追証なしの海外FXでは口座に入金した金額以上の損失は絶対に発生しません!

 

なぜ海外FXではロスカット時に確定した損失の請求をしないのでしょうか?

それはそもそも、海外と日本ではFX会社の利益の内容が異なるためです。

つまり、日本のFX会社(DD方式採用)では投資家の損失が、FX会社の利益になっていますが

海外のFX会社(NDD方式採用)では、投資家の取引に応じた取引手数料が利益になっている為

その分の損失を負担しても、継続して投資家に取引をしてもらう方がメリットがあるからなのです。

DD方式・NDD方式についてはこちらの記事も参考にしてください。

海外FXが国内FXより実は信頼性が高い訳

読者の皆様に質問です。 あなたは、顧客にとっての損が自分にとっての利益になるセールスマンと、顧客にとっての利益が自分にとっての利益になるセールスマン、どちらのセールスマンの言うことを信じますか? そん ...

続きを見る

 

以上が海外FXが国内FXより実はローリスクと言える理由になります。

この記事の内容を見ても、海外FXの方が危険、怪しいと思われるでしょうか?

もちろん、海外FXと言っても、その数は膨大でピンキリな為、一括り出来ないことは確かです。

 

しかし、歴史も実績もあって、評価の高い海外FX会社を、海外というだけで選択肢から外してしまうのは本当にもったいないです。

私が自分で使っている、信頼できてお薦めしたい海外FX会社が次の2社です。

 

・海外FX人気No.1 最高レバレッジ888倍のXMTraiding

XM公式サイト

XMについては、こちらの記事も参考にしてください。

海外FX業者の中では人気No.1 XMのメリットとデメリット

管理人海外のFXなんて大丈夫?そう思われている方は必見です 海外FX業者の中で、なんといってもダントツで人気なのがXMTrading しかし、FX初心者の方の中には、また、日本人だと特に海外の業者とい ...

続きを見る

 

・日本人が創業し、日本人スタッフも多く在中している 最高レバレッジ1,000倍のGemForex

GemForex公式サイト

特にGemForexでは、口座開設だけで10,000円(期間限定で20,000円・30,000円の時も)獲得できるので、本当にノーリスクでトレードできます。

※2020年11月8日迄 口座開設20,000円ボーナスキャンペーン実施中!

20,000円ボーナスキャンペーン

少ない資金でハイリターンを狙うには海外FXしかないと私は思っています。

当記事が読者の方々の経済的自由を得るきっかけになれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました!

-海外FXを何故薦めるか

© 2021 アフィリエイトと投資で老後安泰