海外FXを何故薦めるか

海外FXが国内FXより実は信頼性が高い訳

読者の皆様に質問です。

あなたは、顧客にとっての損が自分にとっての利益になるセールスマンと、顧客にとっての利益が自分にとっての利益になるセールスマン、どちらのセールスマンの言うことを信じますか?

そんなことは、聞かれなくても100人中100人(少なくとも9割以上)の方が

顧客にとっての利益が、自分にとっての利益になるセールスマンと答えるでしょう。

ビジネスでは、WinWinの関係を築くことが、成功のセオリーと言われていますが、

顧客にとっての利益が自分にとっての利益になるセールスマンは先ず、取引上信頼してもらえます

この話を踏まえ、この記事では、実はこういう仕組みで、海外FXはおススメなんですよというお話をしていきたいと思います。

(国内FX業者(DD方式採用)さんへの営業妨害の意図は全くありません)

FXの取引システムの違いについて

FX会社について、取引コストの違いで判断されていたとしたら、是非、この取引システムの違いも考慮に入れることをおすすめします。

皆様は、DD方式、NDD方式についてご存じでしょうか?

これは、FX会社において、トレーダーの注文が決済されるまでのシステム方法なのですが、どちらの方法がとられているかで、その業者の利益の内容が異なり、延いては、顧客の利益にも影響してくるのです。

DD方式

DD方式(OTC)とは

ディーリングデスク方式の略で、トレーダーの注文はインターバンクに直接行かず、一旦FX会社(ディーリングデスク)が受けることになります。

そして、FX会社のプロトレーダーの判断で、その注文をインターバンクに通すか通さないかが決められます

FXでは、9割のトレーダーが負けると言われています。

DD方式を採用するFX業者にしてみれば、そもそも、負けると判断される素人の注文をインターバンクに通す必要がないということで、

そう判断された注文はFX業者に呑み込まれ、そのトレーダーの損失はそのままFX業者の利益になります

また逆に、トレーダーの利益はそのまま業者の損失になってしまい、両者の関係は利益相反関係ということが言えます。

このように、DD方式をとっているFX業者は、顧客の損失が、利益の源泉になっているので、取引手数料は高くする必要はなく、むしろ、手数料を安くすることで、顧客獲得を狙っています

ですから、手数料が安いということで、FX会社を選ぶのはちょっと待っていただきたいということです。

また、国内FX業者はほとんどこのDD方式を採用しているとされていますが、

ディーラーのオペレーションについての記載から、DD方式を採用しているのが明らかな国内FX会社について、下に挙げておきます。

  • 楽天FX
  • GMOクリック証券
  • YJFX
  • 外為ドットコム
  • 外為オンライン
  • FXブロードネット

DD方式を採用しているとされる海外のFX業者 

  • iFOREX
  • is6com
  • Land-FX

では、具体的にDD方式のデメリットを見てみましょう。

DD方式のデメリット

上でも説明したように、DD方式のデメリットはその不透明性です。

トレーダーの注文は、FX会社によって操作可能になるので、悪徳な会社であれば次のような顧客にとって不利になる取引が行われる可能性があります。

  • ストップ狩り ※
  • 不当なレート変更
  • 不当なリクオート ※
  • 故意のシステムダウン
  • 不当なスリッページ ※

ストップ狩り

ストップ狩り(ストップ・ハンティング)とは通常、ヘッジファンドなど巨額の資金を操る投機筋が、多くの一般投資家が損切のために入れている売り注文(ストップロス)に対して、大量に売りをしかけ、それらが一斉に決済されることで価格が大きく下落し、下がった価格の戻りで利益を得ることです。

それを、顧客の注文状況を把握できることをいいことに、DD方式を採用する悪徳FX会社が仕掛けることがあると言われています。

リクオート

リクオートとは、FX業者が提示したレートの約定を拒否し、レートを再提示してくることをいい、為替相場の変動が激しい時に有利なタイミングで決済しようとしても、レートが再提示されて有利なタイミングで約定できない状況のことを指します。

スリッページ

スリッページとは、注文を出した価格と実際に成立した価格との差を指し、相場(レート)が大きく変動した場合(市場が荒れている場合)には、大きなスリッページが発生することがあります。

DD方式を採用する悪徳FX会社が、その荒れ相場に便乗し価格を操作して、顧客に不当な損失を出させることがあるとされています。

 

DD方式のメリット

唯一のメリットは、スプレッド(手数取引手数料)が低く設定されていること。

多少上記のような不当な操作がされるとしても、トレードに勝てる自信のある方にとっては、これは魅力的でしょう。

FX会社にしてみたら、9割の負けトレーダーの損失はFX会社の利益になる上、注文は裁量で呑み込める為、その場合インターバンク市場に流さなかった分の手数料も浮くことになります。

ですから、0に近い手数料設定もできるわけです。

一方で、トレーダーの利益は、FX会社の損失になるわけですから、トレーダーが多額の利益を出し続けているとなれば、その口座は凍結されるケースも出てきます。

NDD方式

一方のNDD方式とは

ノーディーリングデスク方式の略で、言葉の通り、トレーダーの注文は、FX会社(ディーリングデスク)を通さずに直接インターバンクに流されます。 

そして、この方式を採用するFX業者の利益の源泉は、取引手数料になる為、DD方式の業者に比べて、必然的に取引手数料が高くなります

また、取引をするたびに、利益が得られるのですから、このような業者は顧客が利益を出して、高いロットで、トレードを繰り返してくれることを願っています。

つまり、両者の関係はWinWinの関係と言えます。

海外では、一部の業者(上記※)が、DD方式を採用しているほか、ほとんどの海外FX業者が、NDD方式を採用しています。

また、厳密にはこのNDD方式にはさらにECNと、STPの2種類に分類されます。

ECN方式

ECT方式とは、直接インターバンクに流されたトレーダーの注文が、オークション形式でシステムによって自動でマッチングされる取引方法です。その為、人為性が介在する余地はなく透明性は極めて高いと言えます。

STP方式

STP方式とは、トレーダーの注文は直接インターバンクには行かず、FX会社のシステムが自動でLP(Liquidity Provider/リクイディティプロバイダー)と言われる金融機関と価格のマッチングを行います。この一連の流れは全てシステム上で行われることから、DD取引より透明性は高いと言えます。

NDD方式のメリット

DD方式と反対に、NDDのメリットと言えば、その透明性になります。

ですから、DD方式のデメリットで挙げたような、不当な操作がされないということです。

NDD方式のデメリット

これも、DD方式と反対で、FX会社の利益の源泉であるスプレッド(取引手数料)は、必然的に高くなってしまいます。

 

しかし、最近は国内FX業者の中にも、信頼を得るためか、NDD方式を採用し始めた会社もあるため、公平を期すため挙げておきます。

  • ヒロセ通商
  • 外為ファイネスト
  • インヴァスト証券

 

まとめ

この、DD方式か、NDD方式かの区別は、その業者がどちらの方式をとっているかを、公表しているところもあれば公表していない業者もあり、業者毎にはっきりと区別出来るものではありません。

また最近は、国内FX会社も信頼性を高めるため、NDD方式を採用する業者も出てきたため、国内のFX業者だから信頼できないとは言えなくなってきました。

しかし、海外のFX市場では、NDDが主流なので、FXで本当に利益を上げたいと思われるなら、海外FX=危険と判断せず、海外FX業者も視野に入れることをおすすめします。

 

実際私は、海外FX の口座をいくつか持っていますが、中でも、NDD方式で透明性も高く、ボーナスは豊富、ハイレバレッジでも追証がない上、迅速な日本語サポートを受けられるXMを信用しきっています。

少ない資金を短期間で大きく増やしたいのであれば、私は海外FXしかないと思っています。

先ず、XMのデモトレードで、勝てるようになることが、その第一歩と考えます。

興味を持った方はこちらの記事もご覧になってみてください。

海外FX業者の中では人気No.1 XMのメリットとデメリット

管理人海外のFXなんて大丈夫?そう思われている方は必見です 海外FX業者の中で、なんといってもダントツで人気なのがXMTrading しかし、FX初心者の方の中には、また、日本人だと特に海外の業者とい ...

続きを見る

 

-海外FXを何故薦めるか

© 2021 アフィリエイトと投資で老後安泰