VPS

EA稼働用おすすめVPSは?お名前.comとABLENETを比較

近年、FX自動売買が人気ですが、EA( Expert Advisor )を24時間安定的に稼働するためには、VPSがおすすめです。

自宅で、四六時中PCを稼働することが可能でも、バッテリーの問題や、ネット回線の断絶などによって、EAの稼働が妨げられてしまうと不測の損失に繋がりかねません。

ですから、VPS代はEA稼働にあたっての必要経費と考えた方がいいかもしれません。

 

しかし、この場合のVPS代はただ安ければいいというものではなく、EAが本来の成果を上げるために、

MT4が24時間稼働し続ける負荷に耐えられるスペックと、

注文がタイムラグ無く実行される速さも備えたVPSでなければなりません。

従来は、スペック・価格・実績の面で、ABLENETの評価が高く、私もABLENETのVPSでEAを稼働してきましたが、何のストレスも、問題も感じたことはありませんでした。

 

しかし、今年お名前.comが、そのABLENETに対抗して、FXのEA稼働に特化したプランを価格・スペック共に進化させてきました。

実のところ、このプランはデスクトップクラウドと名前にもあるように、他社のVPSサービスとは趣向が違い、データセンター内にある、Windowsサーバーをリモートデスクトップで利用できるサービスになります。

当記事ではこの2社のプランについてを比較検討してみます。

お名前.com VS ABLENET キャンペーン対決

下の表は、お名前.comがサイトに掲載している他社との比較表です。

この表から、すべての項目で、ABLENETと同等かそれを上回っているのが見て取れます。

しかし、これは、お名前.comが作成した、ABLENET他との通常料金の比較ですが、実際ABLENETは、スペックでもキャンペーンを行っているので、

これでは、実質的な比較はできません

そこで、ABLENETのキャンペーンプランもご覧ください。

ABLENETもお名前.comに対抗したプラン内容になっています。

そこで、2020年10月現在のキャンペーン内容で比較してみましょう。(いずれも税抜き価格です)

 
お名前.com デスクトップクラウド for MT4プラン ABLENET  Win1プラン
初期費用 0円 0円
月額価格 1,230円 1,250円 +20円
RDS SAL 標準提供 限定提供
メモリ 1.5GB  1.5GB
SSD容量 60GB 60GB
回線 10Gbps 200Mbps -9,800Mbps
OS Windows Server 2019 Windows Server 2012 R2 旧バージョン
vCPU 2コア 2コア

ここで、内容を判断するために、初期費用・月額料金以外のそれぞれの項目についても簡単に解説いたします。

RDS SAL

これは、元々、Remote Desktop Service Subscriber Access License(リモートデスクトップサービスサブスクライバーアクセスライセンス)の略で、仮想サーバに対してアクセスライセンスを提供するものです。

ABLENETは管理目的以外での接続について、1人当たり追加1,000円のオプションとしています。

一方のお名前.comでは、標準提供とあったので、管理者以外のアクセス権限を標準提供するのかと思い、お名前.comに問い合わせてみました。

結果、アクセス権限は管理者のみに限られるとのことだったので、両者の違いはないということが分かりました。

メモリ

メモリは、PCを購入する際に誰もが重要視していると思いますが、これがが大きければ、それだけMT4や、EAを複数稼働できることになります。

プラン名にもなっているように、プラン選択の際に、肝心な個所と言えるでしょうが、両者に違いはありません

SSD容量

これは、記憶媒体の容量で、値が大きければそれだけ容量が大きくSSDは、HDDに比べて圧倒的に読み込み速度が速いと言われています。

お名前.comでは全てのプランでSSDですが、ABLENETでは、SSDとHDDが選択できるようになっています。

MT4やEAを稼働する場合はSDD選択が前提になるので、これも両者に違いがないと言えます。

回線

これは、速度に影響するので、注文が早く通るかどうかに関わります

しかし、MT4を動かすのに、実際は100Mbpsあれば十分と言われています。

この場合、ABLEMETが200Mbpsなのに対して、お名前.comは10Gbps

1Giga=1,000Megaなので、お名前.com.は10,000Mbpsになります。

ここが、始めに記載したように、そもそもサービスの趣向が違うことにより、これだけの違いが生じているものと考えられます。

実際この違いがどれだけの違いを生み出すのか、またEAの結果に影響が及ぶのか、同じ条件で両者を比べてみないと分かりませんが、

下がお名前.comのサイトにある計測結果のグラフです。

比較表では単位はbps(ビット毎秒)ですが、下のグラフではB/s(バイト毎秒)になっています。

また、一番下のMT4(ping)は、送受信の応答速度を表していて、1Msは1000分の1秒になります。

これを見る限り、お名前.comの方が、圧倒的に処理速度は速いようです。

OS

Server OSも、新しい方が機能もアップグレードしているは確かです。

稼働させるアプリケーションによっては、対応しているかどうかにも影響しますが、

実際のところ、MT4やEAの稼働には直接は影響はないと言われています。

ではどう違うかというと、画面や作感が違ってきます

お名前.comは2019に対して、ABLENETは2012 R2なので、画面や操作感に明らかに違いがあります

Windows Server2019はWindows10に近いと言われているので、Windows10の操作に慣れている方は、2012 R2だと、違和感を感じるかもしれません。

vCPU

PC選びの際に最も重要視されるであろうCPU、中央処理装置ですが、これは簡単に言うと一度に処理可能な作業量と言われていて、コンピュータの頭脳にたとえられます。

そして、ここでは、クラウドサーバ上のCPUなので、CPUにVirtual(仮想)が付いたvCPUになっています。

そして、これはCPUそのものの性能の良しあしと、その個数によって決まります

これも、両者に違いはありません

考察

これだけ見ると、速さについては、数値的にお名前,comの方が圧倒的に勝っていて、加えて24時間サポート付、となると特に初心者からしたら、お名前.com一択になるかもしれません。

しかし、具体的に結果にどう影響するかという点で考えると、一概に大きな違いがあるとも言えないようです。

ABLENETには、長年の実績がありますし、加えて、試用期間も設けています。

加えて、お名前.comはダウングレードには対応していませんが、ABLENETはアップ・ダウン両方に対応しています。

また、今後、ABLENETが更に新たな対抗策を講じてくるかもしれません。

EA人気を背景に、他のレンタルサーバー各社も交えて競争してくれれば、ユーザーにとっては有難いところです。

お名前.com公式サイトはこちらです

最新版【お名前.com】EA稼働用VPS契約とMT4インストール手順

従来、FXEA稼働用のVPSと言えば、ABLENETが価格、安定性、実績のいずれの点でも人気でしたが、 今年、他社に対抗してプランを進化させたのがお名前.com。 この記事では現在人気急上昇中、お名前 ...

続きを見る

ABLENET公式サイトはこちらです

EA稼働用VPS【ABLENET】契約とMT4インストール手順

EA稼働用のVPSで迷ったら、ABLENETかお名前.comのいづれかがおすすめです。 当2社についての比較検討記事はこちらです。 この記事では、老舗レンタルサーバーとして20年の実績があり、10日間 ...

続きを見る

当記事が、VPS選択の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました!

-VPS

© 2021 アフィリエイトと投資で老後安泰